2014年06月14日

コメントについてのお知らせ

<< コメントについてのお知らせ >>

移住の情報ではなくて申し訳ないのですが、コメントについて少々報告させて頂きたいと思います。最近、まるで「岡山関係の工作員?」と思うような方のコメントがあります。今日も、岡山の人形峠レンガの線量は花崗岩と変わらず安全だという旨のコメント等を頂きました。花崗岩が原因で線量が高い土地でも、表土が汚染されていないのであれば、人体への悪影響は主に外部被曝です。線量が変わらないとしても、ウランを直接吸引する内部被曝と花崗岩由来の外部被曝の危険度を比較すること自体不適切ですし、危険の度合いはウランレンガ吸引の方が遥かに高い筈ですが、どうあっても岡山は安全だとしたいようです。岡山県民は長寿とのことですが、もともと岡山を含む中国地方のウラン鉱脈帯には短命村が広がっていました。勿論それでも、福島に近い現在の東日本に比べれば安全であること自体は、私も否定はしません。

コメントは承認制にしており、全ての方のコメントを承認して掲載するとは限らないことを、ご理解頂ければと思います。

ところで福島の除染土、つまり高濃度放射性廃棄物の処分を全国でJESCO等が請け負うようです。東京・大阪・北九州等で、またしても瓦礫焼却の悪夢が再開します。岡山では「エコシステム山陽」が引き受けるようです。

琵琶湖湖畔に放置されていた汚染チップも結局、千葉県の市原市の肥料会社で肥料にリサイクルされてしまいましたよね。原子力村は何としてでも全国に汚染を拡げたいようです。もう、移住するだけでは放射能汚染を防ぎきれなくなって来ていますので、汚染拡散にはどんどん反対の声を上げて行きましょう!

posted by 白鳥 at 10:48| Comment(0) | 放射能汚染  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。