2013年10月30日

北九州市のPCB無害化処理が9年延長&6千トンの追加処理の可能性が浮上

<< 北九州市のPCB無害化処理が9年延長&6000トンの追加処理の可能性が浮上 >>


PCBは癌などを引き起こし、毒性が強いことで知られていますが、その無害化処理が全国的に遅れているという理由で、環境省は10月25日、受け入れ先の北九州市に完了期間を9年延長して、新たに6000トンの処理を要請しました。
現在PCBは北九州市を含め、全国5か所で無害化処理をしていますが、今回の要請では東京都以西の14都府県を追加するよう要請したそうです。只でさえ三菱マテリアル等からの放射能汚染が深刻な北九州市。風向きによっては勿論、周囲の自治体にも汚染は広まります。
PCBはコンデンサーや変圧器等に含まれるそうですが、無害化処理の対象は要するにPCBが含まれているゴミの処理ですから、当然汚染地域の物を処理すれば放射能汚染の拡散もあります。

今後の動向を見守りつつ、周辺の住民の方はぜひ反対しましょう。


【記事】毎日新聞 2013年10月25日配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131025-00000130-mai-env


<若松区>

(現在岡山県以西17県から無害化処理を請け負っているのは、若松区の日本環境安全事業北九州事業所です





posted by 白鳥 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378952991
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。