2013年09月04日

移住先探しの際のホテル選びについて

<< 移住先探しの際のホテル選びについて >>


少しでもましな移住先を求めて、子供の春休み等にあちこち下見に行っていた時のことです。大分駅近くのホテルの部屋でガイガー(SOEKS)を出し、九州ではどれだけ線量が低いかと計測してみたら、0.18が出てびっくりしました。その後も一時0.29まで上がった時があり、翌朝残りの宿泊予約をキャンセルして、子供と伴に他のホテルへと移りました。最初のホテルは駅前のロータリーのところにあり、とても便利な上、値段が安くて助かっていたのですが、それが災いしたのかも知れません。次のホテルも比較的駅から近かったですが、多少は距離がある上に値段がもっと高かった為か、最初のホテルほどひどい線量の上がり方はしませんでした(それでも室内で0.16〜0.18位)。後で二番目のホテルの入口をガイガーで測ってみると、大体0.17マイクロほどもあり、ふと見るとすぐ隣に九州電力がありました。もしかすると、そこから何らかの影響があったのでは、とも思いましたが、何れにしろ神戸や大阪でも、ホテル内の線量はどこも高めで、外とほとんど変わらないところも多かったです。中には一時的にですが外よりも高くなったところさえありました。

ホテルの床や廊下には、例外無くカーペットが敷いてありますよね。全体的に、交通の便が良くて人通りが多いところのホテルの線量が高かったので、汚染地から靴や荷物で運ばれた放射能が、カーペットに染み付いて濃縮されて来ているのでは、と疑っています。値段も安いところの方が高めだったので、関東や東北の汚染地域の方々が、避難や移住の下見等に大勢利用していた可能性もあります。私も汚染地から来たのに靴を替えずに泊ってしまったので、何だか申し訳ない気持ちで一杯です。

折角移住の下見に来たのに、保養にもならないような線量の中で宿泊するのを避ける為には、なるべく不便なところに宿をとるなどした方がよさそうです。とはいえ、交通の便が悪いと下見に時間がかかってしまうので、難しいところです。

ちなみに、同じように汚染が低い地方でも、大分のように中心街がごく限られている場所の方が、福岡等のように広範囲に発展しているところよりも、中心地の線量が高くなる傾向があるようです。中心街の狭いエリアに何もかもが集まるので、当然なのかも知れません。ちなみに福岡の天神エリアと大分駅周辺の線量は、似たような数値でした。

空中の放射能の量は、地面に近い方が多いので、ホテルでは上の方の階をお勧めします。中部大学の武田邦彦教授は4〜5階以上を推奨していますが、欧州放射線リスク委員会(ECRR)のクリス・バズビー氏が東京の10階以上の部屋から採集したエアコンの埃からも、高濃度の放射能汚染が検出されていたそうです。九州でも汚染はありますから、たとえ高層階であっても、可能なら空気清浄機を使って下さいね。









posted by 白鳥 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。