2013年09月02日

引っ越しの際の注意点

<< 引越しの際の注意点 >>


我が家は関東のホットスポットから、九州へと引越しました。以前ツイッターで、「汚染地からの荷物が届いた後に、引越し先の屋内線量が0.2マイクロ超えになってしまった」「汚染地に住む子供の服から数百ベクレル検出」等というツイートを見ていたので、送る荷物は本当に最低限に留め、泣く泣くほとんどの物を一から買い直しました。それでも、引越し前と引越し後では、室内の線量が0.01〜0.03位上がったような気がします。新居に持ち込む物は全て拭くか洗ったのにも係わらず、です。放射能を洗い落とすのは容易ではないと知っていたものの、「あんなにきれいにしたのに」と、少しショックでした。皆様はこの点に留意して、少しでも線量を上げないように頑張って下さい。

汚染地で履いていた靴は空港等で新しい物に替え、新居に汚染を持ち込まないのは当然ですが、急いで引越しするのなら、洋服その他までもを全て急に新しくするのは無理かもしれません。それでもせめて、汚染地で着用していた外出着だけは、最終的には処分しましょう。よく使っていた傘や鞄等も捨てることをお勧めします。引越し先で買った新しい服は、汚染地から持って来た服とは分けて洗濯しましょう。尚、靴下は最も汚染されている外出着なので、他の服にまで汚染を移さない様、必ず別に洗うようにしましょう。

新居の家具を買う時には、汚染地由来の材料を使用した物を購入しないように気をつけましょう。あまりにも安価な日本製品は避けた方が無難です。

髪の毛には汚染が付きやすいので、髪が長い方は移住後に一度、思いきって短くすることをお勧めします。特にリンスやトリートメントを使っていらっしゃる方は要注意です。放射能汚染が髪の毛に化学的に結合してしまい、洗い落とせなくなるからです。

残念ながら、放射能は多かれ少なかれ日本全国に降り注いでいます。汚染地との物流が制限されないので、汚染はどんどん広がるばかりです。引越し先でも汚染地に居た時と同じ様に対処しなければ、結局以前と同様に内部被曝してしまいます。家の中に入る前に服や鞄をはたく、帰宅後は外出着を着替える、室内と屋外で使用する物を分ける、汚染地からの宅配や郵便物の箱や封筒等は、直ぐに始末する・・・等々。面倒ですが、頑張って続けましょうね。

福島原発の事故後、我が家では靴や外出着は消耗品と割り切って、普段は思いきり安物を使っています。特に靴などは、染み込んだ汚染を取り除くのが容易ではないので、使い捨てと割り切って、なるべくこまめに買い換えるためです。雨季には特に推奨します。





posted by 白鳥 at 17:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
子供が二人います。まだ3歳と1歳です。
現在関西に住んでおります。
金銭的にすぐには無理なのですが
近い将来移住を考えています。
九州がいいかなと思って調べてるのですが
なかなか良い所が分かりません。
ブログを拝見させていただいて
福岡、鹿児島、熊本は候補に入れてないです。
おすすめか、移住先を教えていただけませんか?
よろしくお願いします。
Posted by こんばんは^^ at 2014年03月07日 03:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。