2013年05月06日

関西移住についての注意点 その1  〜奈良は意外な汚染県・瓦礫焼却と水道水の危機〜

<< 関西について >>


汚染さえ無ければ移住先として魅力の関西。けれども、花崗岩の影響で、自然由来の放射線量が多めである上に、首都圏との往来も激しく、汚染がどんどん広がっている為、毎時0.2マイクロシーベルトを超えることもさほど珍しくはありません。ドイツで作られた日本列島放射能汚染マップを見てみると、大阪の中心地や奈良の南部がかなり汚染されているようです。

関西へ移住の下見に行った時、他の地域と違うと感じたのは、花崗岩のせいなのか、地下でも線量が高めだったことです。関東や九州では、地下へ降りると大体0.1マイクロ前後に下がるのですが、関西では0.13〜16位はよく出ました。

大阪の舞州で、震災瓦礫が大量に焼却されているのは有名ですが、このため周辺の県には放射能汚染が急速に広がりつつあります。

更に、福井県の原発郡やもんじゅの危険性は明らかですが、万が一伊方原発でも事故があった場合、瀬戸内海が放射性物質の「送風管」となり、たった三百数十kmしかない関西は壊滅的に汚染されるという指摘もあります。遮るものは、せいぜい淡路島しかありません。


それでは、各県について見ていきます。

 


<< 奈良県 >>

 
内陸で津波の心配も無く、大阪の瓦礫焼却からも福井県の原発銀座からも、多少の距離がある奈良県。大阪のように首都圏との物流が盛んという印象も無いのですが、ガイガーを手にして県内を北から南に移動して線量を測ったところ、特に南で0.2マイクロをよく超えました。どうやらドイツのマップにあるように、県の南部の方は汚染されており、北部よりも線量は高いようです。

また、輸入の生鮮食品にかなり乏しい為、首都圏よりも内部被爆の防御がしづらいようです。首都圏の一般ごみは汚染されていますが、千葉県のごみを焼却したという実績もあり、瓦礫や放射能ごみの焼却も警戒しておいた方がよさそうです。

神社仏閣が多い為、汚染地域由来の注連縄等が、日々大量に焼却されている可能性も大きいです。直焼きなので、かなり危険です。また、日本で出されている放射能汚染マップでは、奈良県の汚染は特に見られない為、汚染地域であるという自覚も無く、恐らく落ち葉や草木等のごみの処理も一般ごみとして扱っているでしょう。

ところで放射性廃棄物の国の埋め立て基準は、福島原発の事故後、キロ当たり100ベクレルから8000ベクレルに変更されています。三重県伊賀市が、伊賀南部クリーンセンターで震災瓦礫を焼却し、それを市内の「三重中央開発」の民間産廃処分場で処分するという計画が強行されようとしていますが、奈良県には放射能飛散だけでなく、これによる、水道水の放射能汚染の被害も予想されています。処分場は木津川・淀川系の源流に位置しているからです。特に木津川系は、奈良県北部の水道水の供給源である為、深刻です。


< 2013年10月15日 追記 >

今日、震災瓦礫の焼却について、伊賀南部クリーンセンターに電話で問い合わせたのですが、焼却の計画は中止になったそうです。三重県では、こちらのクリーンセンターが最後まで焼却場候補として残っていたということから、少なくとも現在のところは、三重県内で震災瓦礫を焼却する予定はない筈との回答を頂きました。




放射能検査【送料無料】【これこれ倶楽部】


【即納】充電式LED電球 停電時も消えない電球。緊急時は懐中電灯に【翌日配送】【これこれ倶楽部】



10のお役立ち機能を搭載の多機能ラジオ 電池・電源がないところでもソーラー・手回し充電OK【これこれ倶楽部】


【即納】【送料無料】充電式サーキュレーター 扇風機 LEDライト24灯&FMラジオ【即日配送】12時間連続動作 8インチ中型ファン搭載【これこれ倶楽部】


セイシェル 携帯浄水ボトル 放射能除去フィルタータイプ 【並行輸入品/日本未発売】

Seychelle(セイシェル)携帯用浄水器 放射線汚染物質除去ストロータイプ(並行輸入)

セイシェル/携帯浄水ボトル/黄色の放射能フィルタータイプ(Radiation28oz)※未使用時5年間保管可能!※日本語説明付【並行輸入品】

【正規品】 セイシェル(Seychelle)社製ポット型浄水器「放射能除去ポット」

【正規品】 セイシェル(Seychelle)社製ポット型浄水器「放射能除去ポット」用交換フィルター


seychelle(セイシェル) サバイバルプラス 携帯浄水ボトル+予備フィルターSET【正規品】日本語取説&保証書同梱(大人気だったサバイバル3後継モデル)








posted by 白鳥 at 11:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わかりやすいブログ、ありがとうございます。
三重県の受け入れは断念されたという結論で相違ございませんでしょうか。ご存知であれば、教えてください。
Posted by ぷぅ at 2013年10月14日 10:59
ぷうさん、今日は。先ほど伊賀南部クリーンセンターに電話で確認しましたところ、震災瓦礫の焼却の話は中止となったそうです。三重県ではこちらのクリーンセンターが最後まで候補に挙がっていたということですから、他の焼却場での震災瓦礫の焼却の予定は、現在のところは無いはずとの回答でした。
Posted by 白鳥 at 2013年10月15日 16:45
わざわざ聞いてくださったんですね、ありがとうございます!もうすぐ子供が生まれるのですが、なかなか関東からの移住は難しく…地方の物件の下見には安定期のときに行きました。この子が公園で遊びたい年頃になる少し前には、ここから移住したいと思っています。貴重な記事に御礼を申し上げます。
Posted by ぷぅ at 2013年10月31日 07:46
今日は。ぷうさん、わざわざご連絡をありがとうございました。少しでもお役に立てたようで、嬉しいです。もうすぐお子さんがお生まれになるとのこと、おめでとうございます!移住は本当に大変だと身に沁みて感じますが、お子さんの為にも、出来るだけ早く実現するといいですね。

何だか気が早いと笑われてしまいそうですが、将来お子さんが通われる幼稚園や学校等も、引っ越し先の住居を決める前に調べてみることをお勧めします。給食やプール等の授業、水筒持参の許可の有無、どんな放射能汚染対策をしているか(例:線量の定期的モニタリング、有事の際の対応等)、遠足や旅行の行き先、等々。入園・入学直前だと、嫌がられることをためらって尋ねずらくなりますし、今のうちに色々遠慮なく質問しておくのも良いのではと思います。

寒くなって来ましたが、どうぞお体を大切に。元気な赤ちゃんが生まれますように!
Posted by 白鳥 at 2013年11月01日 08:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。