2013年04月20日

<< 岡山移住についての注意 >>

放射能汚染地域である関東・東北から移住する為の、参考情報をシェアして行きたいと思います。ドイツで作成された日本の放射能汚染マップによると、北海道から九州・沖縄までが全て汚染されており、移住先は最早どこがより「まし」かという選択になってしまいましたが、それでも放射能汚染を避けたいのであれば、「行ってはいけない所」はあります。具体的には原発・再処理工場・チタン工場・リサイクル工場・瓦礫処理場・核融合施設・劣化ウランの保管場所などの周辺です。


まずは、人気の移住先である岡山県から検証していきます。


< 岡山の自然放射線量とウラン汚染 >

岡山県は、「おいでんせえ岡山」とうたっている通り、避難者への支援が手厚いそうです。地震や津波の心配もなく、関西からも近い。でも、岡山は広島と並んで、「自然放射線」からの被爆が大きい県だということは、あまり知られていません(ちなみに日本一は岐阜県です)。広島に落とされた原爆はウラン型だったので、風下に当たる岡山にはその影響もあるのかも知れませんが、岡山には鳥取県との県境付近に、人形峠というウランの産地があり、今もこれが原因で広まった汚染が、人が住む場所にも残っています。


< チタン廃棄物からのトリウム汚染 >

「酸化チタン」という、自動車の塗装や印刷インクなどに使用される化学物質は、チタン鉱石から生成されます。ところがこの鉱石には、トリウムやウランという危険な放射性元素が含まれているため、酸化チタンの生成過程で排出される汚泥は、汚染された放射性廃棄物となります。トリウムの半減期は141億年。一度汚染されたら手遅れです。

岡山市内には、テイカというチタン関連工場があり、岡山県内の民間処分場で廃棄物を処分していると推定されています。 

また、1990年には、岡山県邑久分邑久町の錦海塩田跡地にある産業廃棄物最終処分場で、毎時5ミリシーベルトもの猛烈な放射線量が測定されました。原因はここにあった26トンのチタン廃棄物でした。

岡山県内では当時他にも10箇所で140万トンものチタン廃棄物からウランやトリウムが検出されています。にもかかわらず、91年には科学技術庁や厚生省等の4省が、チタン廃棄物の放射線量が年1ミリシーベルト以下の場合は、工場外に搬出できるとした為、放射性廃棄物であるそれは、通常の産廃として処理が可能となってしまったのです原子力発電所からの放射性廃棄物は厳重に管理・規制されており、基準値は年0.01ミリシーベルト以下でなければならないのですから、チタン廃棄物の規制にはその100倍の被爆量が許容されていることになります。

原発からの放射性廃棄物はドラム缶にして年間2万本弱位。それに比べて、酸化チタンの生成過程で生み出される放射性廃棄物は、年間約300万本にもなります。この総量の大きさ自体が、危険でもあります。企業としては、適正に処理するよりも、捨てた方が安くて楽な為、廃棄には歯止めがかかりません。現在、全国のチタン廃棄物は管理型の最終処分場へと運ばれるとのことですが、処分場から放射線を放った赤い水が流れて来る地区もあるそうです。

90年に岡山市の東隣にある、邑久町と牛窓町付近の廃棄物処分場から異常な放射線量が検出された時は、覆土などの措置を行っただけで安全宣言が出されました。古い処分場は住宅地として造成されたり、公園やグラウンドなどの公共施設どころか、畑になっているところもあるそうです。近年でも、邑久町と岡山市の境界を流れる吉井川沿いの公団住宅付近で年2.6ミリシーベルトが検出されたようです。

京都大学原子炉実験所の小出裕章氏も、この岡山におけるチタン産廃の汚染に懸念を表しています。規制もなかった当時の、いまよりさらに高濃度だった放射性廃棄物がどう処分され、埋め立て跡地が何に使われているのか、誰も把握できない。岡山では、グラウンドで遊ぶ子供たちの横に、明らかにチタン産廃と思われる赤土がゴロゴロしている。これを手で触り、粉塵を吸ったりすれば、相当の内部被爆になります

ところで、全国には他に、大阪市(大阪湾)・兵庫県神戸市と尼崎市・三重県四日市市・福島県いわき市・山口県宇部市(廃棄場は山口市)・秋田県秋田市・神奈川県茅ヶ崎市にもウラン関連の工場と廃棄場があるそうです。

尚、岡山県では、岡山市の水道の取水上より少し上流に、日本最大級の最終処分場が出来るそうです。



< 直島での瓦礫焼却 >

岡山と香川県高松からは目と鼻の先にある直島で、三菱マテリアルの事業所が、震災瓦礫の焼却灰をリサイクルしています。当然焼却もしている為、放射能汚染が広がっているのですが、県はモニタリング等の当然な法的処置を一切求めていません。この工場が操業している限り、マスクでも防げない気化した放射性物質を吸わされてしまいますまた、倉敷にはセシウム汚染の心配もあります。


放射能汚染に関して岡山の良い点を挙げると、企業などによるウランの保管場所が少ないこと(岡山大学自然生命科学研究支援センターくらい)。ちなみにウラン等の放射性物質は、日本では公的な記録にない場所にも知らずに保管されていることが多く、学校等からも発見されています。新潟県では、柏崎高校をはじめ、少なくとも8校から発見されました。これらは戦時に東京の大学から疎開して来たらしいので、創立100年以上の歴史のある学校では注意しましょう。





放射能検査【送料無料】【これこれ倶楽部】


【即納】非常用トイレ セルレット50回分(凝固剤のみ・汚物袋なし)災害時緊急時など袋のまま入れサッと固まり!スッと消臭!【翌日配送】【これこれ倶楽部】


【送料無料】4WAY充電 36灯LED ソーラーランタン シガーソケット充電プラグ、ACアダプタ付【これこれ倶楽部】



セイシェル 携帯浄水ボトル 放射能除去フィルタータイプ 【並行輸入品/日本未発売】

seychelle(セイシェル) サバイバルプラス 携帯浄水ボトル+予備フィルターSET【正規品】日本語取説&保証書同梱(大人気だったサバイバル3後継モデル)

【正規品】 セイシェル(Seychelle)社製ポット型浄水器「放射能除去ポット」



posted by 白鳥 at 14:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

興味深く拝見しました。
確認したい箇所があるのですが、岐阜県の「自然放射能」に言及されていますが、自然放射能と人口放射能は分けて考える必要があるのではないでしょうか?

組成から人体に与える影響まで、微量であれば問題ないとされるのが自然放射能であると認識しておりました。

文脈上、どこからどこまでを指しておられるのかが分かり難かったため、あえて質問させていただく次第です。

ご回答頂ければ幸いです。
Posted by タマオ at 2014年04月07日 15:18
今晩は。コメントをどうも有難うございました。

自然放射能による外部被曝についてですが、確かに人工放射能による内部被曝に比べれば影響は低いものの、現在少しでも総被曝量を減らす必要がある、若しくは減らしたいと思っておられる方も多いかと存じます。自然放射能による外部被曝も被曝ですし、身体にもしっかり影響はあります。

皆様既にご存知の通り、被曝は足し算ですので、ご自分の被曝状況とご相談の上、納得の行く移住をなさって下さいね。
Posted by 白鳥 at 2014年04月07日 22:46
>山口県宇部市(廃棄場は山口市

>尚、岡山県では、岡山市の水道の取水上より少し上流に、日本最大級の最終処分場が出来るそうです。

この辺のトコまで知っちゃうと、
もはや西に移住する場所も無くなっちゃうよね
あとはアキラメ妥協かな?ww

上の二件のお話
もちっと詳細きぼんぬ
Posted by 如意boboo at 2014年05月03日 13:56
今日は。返事が本当に遅くなってしまい済みませんでした。岡山についての貴重な情報を有難うございます!

もう、西でもどこが「まし」かという状態になって来ていますが(涙)、可能な限りましな所に住みたいですよね。

ドイツのマップについてですが、こちらは依然ネットで偶然手に入れた物で、引っ越しの際に置いてきてしまった為、申し訳ないのですがどこから入手したのか分からなくなってしまっています。けれども、子供新聞の物ではなかったと思います。マップによって汚染地域や汚染度が随分違うので、なるべく多くのマップを参考になさることをお勧めします。

ところで、先日偶然、朝鮮戦争の頃に岐阜の各務原(かかみはら)市には、米軍の極秘「核戦争」訓練基地があったと知りました。核兵器訓練を通して被曝した兵士も居たということです。今では確か航空自衛隊の岐阜基地になっていたと思いますが、こういう情報を知っていたら、絶対に近くには引っ越したくないですよね。知らないって怖いとあらためて感じました。
Posted by 白鳥 at 2014年05月25日 10:23
人形峠は鳥取県と岡山県との境にあり、鉱山は鳥取県側にありました。
採掘などで出た土砂は鳥取県側に保管されていましたが、あるとき搬出しなければという話になりました。
岡山県にも受け入れ要請がありましたが、県民・政界・産界・行政が団結してこれを拒否。
署名運動まで起こり、岡山県には少しでも危険な恐れのある土砂は受け入れないと決めました。

規制がなかったり緩やかだったりした時代、もしかすると汚染物質が生活圏に入り込んでいる可能性があるのは全国どこでも同じです。
憶測ではなく調査データや事実に基づいて、よりよい定住地を見つけるべきだと思います。
せっかく移住したのに東海大地震や南海大地震あるいは濃尾地震に襲われたらどうしますか?
せっかく移住したのに放射性物質で汚染されていたらどうしますか?
空間線量はあまり意味がありません。地質による場合が多いからです。
それよりも、そこの土壌や水や空気が汚染されていないかどうかが重要です。
福島など東日本では今もなお空気中に放射性物質が漂っているのですから、すぐにも脱出すべきです。
呼吸や飲食によって放射性物質を体内に取り込まないこと。これがまず一番重要だと思いませんか?
その次に重要なのは災害に遭う可能性が高いか低いかということです。
Posted by よく考えて at 2014年06月02日 11:10
今日は。コメントを拝見させて頂きました。「岡山移住について追加情報」本文にてお返事の代わりとさせて頂きましたので、宜しくお願い致します。
Posted by 白鳥 at 2014年06月02日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。