2013年10月29日

北海道の幌延町が、高レベル放射性廃棄物の処分場となる恐れ

<< 北海道の幌延町が、高レベル放射性廃棄物の処分場となる恐れ >>

高レベルの放射性廃棄物を地中深くに埋めて処分する技術を研究している施設がある、北海道の幌延町で、今月貫通した地下350メートルにある高レベル放射性廃棄物処理の実験用のトンネルが、昨日公開されました。
(NHK NEWS WEB) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131028/k10015619201000.html

この施設は日本原子力研究開発機構の幌延深地層研究センターで、施設には現在、実際に熱源を埋める為の横穴を掘る作業が行われているそうです。トンネルは平成17年から既に掘り始めており、来年度からは、この横穴に100度未満の熱源を埋める試験を始めて、熱や地下水などの影響を受けずに安全に処分出来るかを調べる方針とのことです。

報道では「試験」「実験」「調べる」「研究」等の言葉が始終使われており、一見幌延町での「実験」は必ずしも最終処分場への前段階ではないような印象を与えていますが、このまま幌延町が高レベル放射性廃棄物の処分場になる可能性は、限り無く高いと思われます。



<幌延町>



posted by 白鳥 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。