2013年10月27日

原発事故で全国に降ったセシウムの量(2011年3〜5月 文科省まとめ)

<< 2011年の東京新聞の記事より  原発事故で全国各地に降ったセシウムの量(文科省まとめ)>>

単位はベクレル/平方メートル。3〜5月の累計。宮城・福島県はデータなし。

この数値をどこまで鵜呑みにしてよいかは疑問ですし、その後の降下量、つまり、現在までの数値の累積値は、風向きや瓦礫の焼却等にかなり左右されているとは思われますが、少しでも移住の際の参考になればと思います。


北海道 16.4
青森県 137.5
岩手県 2,973.0
秋田県 346.5
山形県 22,502.0
茨城県 40,660.0
栃木県 14,490.0
群馬県 10,320.0
埼玉県 12,480.0
千葉県 10,095.0
東京都 17,318.0
神奈川県 7,730.0

新潟県 84.5
富山県 32.2
石川県 25.9
福井県 62.1
山梨県 408.8
長野県 2,492.0
岐阜県 27.2
静岡県 1,286.0
愛知県 17.5
三重県 50.3
滋賀県 13.5
京都府 14.8
大阪府 18.3
兵庫県 17.2
奈良県 14.0
和歌山県 19.1
鳥取県 20.8
岡山県 9.5
広島県 8.9
山口県 4.7
徳島県 16.4
香川県 11.2
愛媛県 13.3
高知県 72.8
福岡県 1.7
佐賀県 1.4
長崎県 3.2
熊本県 0.3
大分県 2.3
宮崎県 10.0
鹿児島県 1.5
沖縄県 9.0




関東・東北にはとても住めないということが、一目でわかりますね。福島と宮城の汚染は、恐らく酷過ぎて公表出来なかったのでしょう。

セシウムの降下量も汚染マップと同様に、別の調査では違う数値が出ますので、移住先決定の際には、他の汚染調査も必ず参照になさって下さい。






posted by 白鳥 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。