2013年10月06日

鹿児島・隈本移住について

<< 鹿児島県と熊本県について >>

先日、鹿児島県と熊本県のどちらかに移住をお考えの方から、この二県に関して質問を頂きました。コメントの返事がとても読みづらいですし、他にも興味がおありの方がいらっしゃるかもしれないので、こちらの本文でもご紹介させて頂きますね。私は熊本・鹿児島・宮崎の3県には下見に行かなかったので、現地の詳しい知識が無くて申し訳ないのですが、こちらの情報が少しでも移住の参考になれば幸いです。



< 鹿児島県について >

鹿児島県には既存の川内原発の心配があるだけではなく、南大隅町に、福島原発事故由来の汚染度の最終処分場・高レベル放射性廃棄物の最終処分場施設・使用済み核燃料の貯蔵施設誘致の話があります。ちなみに南大隅町にはほぼ50年のサイクルで大きな地震があるそうです。それに、過去にも鹿児島県には、六ヶ所村と同じ再処理工場建設の話があったくらいですから、この先も油断は出来ないと思います。桜島の噴火も、一々ニュースにならないだけで頻繁に起こっているようですし、原発は通常運転でも大量の放射能を周囲に撒き散らしますので、少なくとも個人的には移住をお勧めしません。



< 熊本県について >

熊本県はドイツのマップを見ると、丁度熊本城あたりの汚染が少々多めのようですが、全体的な汚染は日本国内ではまず低い方だと思います。ただ年間降雨量が物凄く多い為、海から蒸発した汚染が降雨によって土壌に降り注ぐ量も、他よりずっと多いのではという危惧はあります。

熊本県の水俣病関連で、少々コメントをさせて頂きます。水俣湾にはいまだ400トンの水銀を含んだ土砂が埋立地に残されており、いずれ湾内に浸出して来るのではと専門家に危惧されています。水銀は気化しやすいということも含めて、この件も移住の参考にして頂ければと思います。実際のところ熊本県に水俣病の汚染の影響がどれ位残っているのかは分かりませんが、少なくとも農業県独特の農薬被害には気を付けるべきでしょう。移住する場所を選ばないと、近所で大量の農薬散布をする度に被害にあってしまいます。また、警戒レベルの高い活火山があるという点では、こちらも要注意です。熊本の中心地は、米軍の原子力空母等が停泊する佐世保にも近めなので、それも頭の隅に置いておいて下さい。


鹿児島・隈本両県の現地スーパー等で、輸入の生鮮食品がどれ位入手し易いかは、実際に足を運んでいないので分りませんが、大分県でグレープフルーツやパイナップル等、一部の果物・野菜しか見かけなかったことから、あまり期待は出来ないのではと推測しています。熊本では現地の生産物で十分足りているので、ニュージーランド産の人参やりんご、かぼちゃ等の入手は恐らく難しいでしょう。ですが、熊本さんの野菜や果物、そしてミネラルウォーター等が気軽に入手出来るのでしたら、それだけでも移住の甲斐はありますよね。


皆様納得の行く移住が出来ますよう、心から応援いたします!





















posted by 白鳥 at 11:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。