2013年05月04日

岐阜県土岐市の核融合実験の影響・名古屋は要注意   静岡にもある劣化ウラン汚染

<< 岐阜県土岐市の核融合実験 >>


岐阜県土岐市にある「核融合科学研究所」が計画している重水素実験について、多治見・土岐・瑞浪3市と岐阜県が実験実施に同意し、2015年から9年間、核融合実験が始まることになりました。この実験ではトリチウム等、大量の放射性物質が放出される上、中性子線を防ぐことが出来ない為、市内の母親等から約3万人の反対署名も集められましたが、強行されるようです。土岐市は愛知県との県境付近にあり、名古屋からも恐らく20km程度しか離れていません。また、長野県までもせいぜい30〜40km位の距離なのではないでしょうか。愛知県は汚染地域と非汚染地域との境目にあたりますが、瓦礫も焼却拒否しており、隣接する静岡県の瓦礫汚染の被害を除いては、汚染された県の中では比較的安心出来る県でした。ですがこの実験が開始されれば、特に名古屋辺りなどは完全に汚染地域となってしまいます。土岐市がある岐阜県自体も汚染される為、移住先を決める際には気をつけましょう。





<< 静岡県について >>


福島原発の事故後、静岡に引っ越して、都心へ新幹線通勤をしていらっしゃる方へ。静岡県よりも西の調査結果が公表されていないので、愛知県以西が無事かどうかはわかりませんが、米国の日本列島放射能汚染土壌調査によると、神奈川県だけでなく、静岡の御殿場からも劣化ウランが検出されています。

同調査によると、福島県や宮城県の汚染値が高くなっているので、恐らくは原発事故による汚染の可能性が大きいと思われますが、東日本大震災の折、劣化ウランの保管所であるチッソ石油化学の五井製造所で火災があったことから、そちらが主原因だとする説もあります。当時、市原市にあるコスモ石油千葉製油所の液化石油ガスタンクで火災・爆発が起こった際に、隣接しているこのチッソ石油化学の劣化ウラン保管施設にも、延焼していたことが後に明らかにされています。チッソは劣化ウランが無事だったとしていますが、劣化ウランはたった600〜700度で自然発火するので、倉庫の屋根まで焼け落ちたこの火災で、保管されていた劣化ウラン765kgが飛散してしまった可能性は否定出来ません。原因は原発事故とチッソの火災両方にあるという見方も出来ます。

静岡県は瓦礫焼却県であり、汚染は事故後も増すばかりですが、いずれにしても静岡県に移住を考えていらっしゃる方は、セシウム等だけではなく、この劣化ウラン汚染のことも頭に留めて置く必要があるようです。









Kindle Paperwhite 3G



Kindle Paperwhite
posted by 白鳥 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。